ルート配送はここに注意!

ルート配送って何だろう

ドライバーの仕事の求人を眺めていると、仕事内容に「ルート配送」と書かれているものを見かけることもあるでしょう。配送とは物を届けるという意味ですが、ルート配送はあらかじめどこに荷物を届けるのが決まっています。事前に物を運ぶルートを決めて起き、それに従って配達を行うのです。ネットショッピングなどでは様々な人が利用しているため届ける場所やルートは毎回異なりますが、ルート配送は固定の得意先に毎回荷物を届けます。ルート配送は一度道を覚えれば後は簡単に目的地へ向かうことができるのも特徴です。ルート配送は同じお客さんの元へ荷物を届けることになるので、届け先によっては良好な関係を築くために最低限の礼儀やビジネスマナーが必要になることもあります。

ルート配送で注意しなければならないこと

ルート配送は車を運転する免許が必要なのですが、どんな車を運転するかや、何を運ぶかによって必要な免許の種類は大きく変わってきます。普通自動車免許や、大型免許など、必要な運転免許が求人に書いてあるので必ずチェックしましょう。免許を持っていなくても、免許取得費用補助や、資格取得制度があるような求人もあります。求人の仕事内容や待遇などにしっかりと目を通すことが、働きやすい環境で仕事をするために大切です。

ルート配送で他に注意しなければならないのは、時間を厳守するということです。目的地への配送が遅れることでお得意先の業務に支障が出ることがあります。そのため、ルート配送は時間に追われるプレッシャーが常に付きまとうということを覚えておきましょう。しかし、時間に遅れるからいってスピードを出しすぎたりしてはいけません。ルート配送では早めの行動や、品物が破損することのないように安全かつ丁寧な運転が必要です。

ルート配送の募集は宅配便と混同しがちですが、配達ルートや荷物が決められておりその条件をきちんと履行できるのが条件になります。単価も業者によって違うので募集要項はきちんと見ましょう。